読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーネ!洋楽 和訳ブログ

ビルボードのニュース、Top 100の曲の和訳をお届け!

(サマソニ出演決定のイケメンラッパー!)G Eazy-Far Alone

genius.com

 

こんにちは。いーネ!です。

 

 

先日、サマソニのラインナップが発表されましたね!

その中に、私の大好きなラッパー、G-Eazy(ジー・イージー)の名前があり、思わず興奮してしまいました:)

実は、人生で初めて買ったCDが、彼の「When It's Dark Out」という作品で、大変思い入れがあるアーティストです。

 

今回は、少し古い曲にはなりますが、私が彼の曲の中で、一番最初に出会った曲「Far Alone」を和訳してみました。(難しかったです...改善点があれば、ぜひ教えてください)

 


G-Eazy - Far Alone ft. Jay Ant (Official Music Video)

ミュージック・ビデオ内では、曲の一部がカットされています

 


G-Eazy - Far Alone (Audio) ft. E-40, Jay Ant

 

G Eazy-Far Alone (至高の頂点)

 

[Verse 1: G-Eazy]

Yeah, blue jeans, Air ones and a white tee

'06 hangin' out the window like, yee

Hyphy on one, off a bottle might be, my tree

Smokin' Agent Orange, Hi-C

Back when me and Marty was recordin' at my Mom's

Most of y'all were chasin' around bops

I was in the lab, only hoping that my job

Never would be based around mops now I'm on

Yeah, she know; love me cause my ego

Girls and the drugs always follow us where we go

Ay, where the Bay at?

Shouts out to Jay Ant

Lookin' for the party girls, let me know where they at

Skinny rich girls always askin' where the yay at

Throw a house party like cool, where you stay at?

Turn upside down, let her twerk on the wall

Took her to the bathroom and did work in the stall

 

ブルージーンズ、エアーワン(ナイキのスニーカー)と白Tシャツ

(white tee:米略式T-Shirtの意味)

2006年、窓にぶら下がってさ

テンションぶち上げで、ボトルを空にして、俺の木

(Hyphy:アメリカ・オークランドスラング(ジーイージーは、オークランド出身))

Agent Orange ベトナム戦争で散布された除草剤?)を吸いながら、Hi-C(ジュースの名前)

俺とマーティー(彼の友人でもあるラッパー)が母ちゃん家で曲のレコーディングをしてた時代を振り返ると

お前らの大半はジャズを追っかけてた

(バップ:19401950年代のジャズのスタイル。それまでの10人以上から成るビッグ・バンドと対照的に、通常46人の少人数から構成された。ソロ演奏や即興演奏が多く、メロディーやコードが複雑に、また楽節の長さが不規則になり、ダンス音楽とは一線を画すもので、モダン・ジャズの草分けとされる。(ウィキペディアより))

俺は実験室(母の家・レコーディング室)にいて、それが仕事になるのを願ってた

決して基づいていないさ、俺が今踏んでるモップに

ああ、彼女は知ってるさ、俺を愛してくれ、俺の自我のもとさ

女の子たちとドラッグは、いつも俺らの行くとこについてきた

ベイ(オークランド)のどこで?

ジェイ・アント(アーティスト)によろしく

一緒にパーティーするための女の子たちを探してるぜ、どこにいるのか教えてくれ

スラリとして金持ちな女の子たちは、いつもパーティーはどこ?って探してる

ハウスパーティーをカッコよく主催して、君はどこにいるの?

逆さになって、彼女に壁にそってトゥワーク(お尻を激しく振るダンスのこと)させて

風呂場に彼女を連れてって、アレをやったぜ

 

[Hook: Jay Ant]

They used to tell me I couldn't go too far alone

They used to always say I couldn't go too far alone

But now I'm here, bitch 

But now I'm here, bitch 

 

アイツ奴は俺に言ったさ、俺はあまりにも遠くに行くことはできないって(トップアーティストとして成功するの意)

アイツ奴はいつも言ったさ、 俺はあまりにも遠くに行くことはできないって

でも今、俺はここ(インディーズ・アーティストとして成功し、地位を築き上げた)にいるぜ、ビッチ

でも今、俺はここにいるぜ、ビッチ

 

[Verse 2: E-40] ミュージック・ビデオ内ではカットされている

(G-Eazy, let E-Feezy tell his story!)

It ain't funny what I've been through

Your enemy can be some kin to you

I started off hella broke

Hung around people that's older than me, took notes

Momma worked three jobs on the weekends

Used to help her wash the walls at Mare island

In Vallejo naval houses

Havin' a roof over my head was my allowance

The oldest of four, young adults

Surrounded by grief, big dreams and hope

They hated and they doubted

How did you take it? Took it with a grain of salt

I wanted it badly, they couldn't stop me, Indie

Erry label wanted to sign me

Grew up on Short and Freddie B

(Who else?) Magic Mike and Calvin

 

(ジー・イージー、彼がストーリーを語る番だ!)

俺が乗り越えてきたことは、楽しく愉快なものではないさ

お前の敵の何人かは血縁の場合があるさ

俺は極貧なところから始めた

目上の人たちと関わって、メモを取って

母ちゃんは週末には3つの仕事を掛け持ちしてた

昔は母ちゃんがメア島(サンフランシスコの少し北に位置する)で壁を洗うのを手伝った

アメリカ海軍記念館の中で

頭上の屋根は俺の給与額だった(=屋根を掃除することで給料がもらえる)

俺は4人の中では年長で、みんな若者だった

悲痛とデッカイ夢、希望に囲まれて

お互い嫌い、疑いあって

お前どうやってそれを手に入れたんだ?って控えめに聞いて

俺はそれがメチャクチャ欲しかった、アイツ奴は俺を止めなかった、インディー

Erry label(レコード会社)に契約を求められた

短く、フレディー・ビー(アメリカの有名人)で育って

(他には誰かって?)マジック・マイク(男のストリッパーの恋が描かれているアメリカの映画)とカルビンさ

 

[Hook: Jay Ant]

They used to tell me I couldn't go too far alone

They used to always say I couldn't go too far alone

But now I'm here, bitch

But now I'm here, bitch

 

アイツ奴は俺に言ったさ、俺はあまりにも遠くに行くことはできないって

アイツ奴はいつも言ったさ、 俺はあまりにも遠くに行くことはできないって

でも今、俺はここにいるぜ、ビッチ

でも今、俺はここにいるぜ、ビッチ

 

[Verse 3: G-Eazy]

From the BART train to a tour bus

Still the same game except I'm pulling more sluts

More butts, more bucks, never giving more fucks

Did it my way, I'm never taking short cuts

Raised in that town like fool, who put you upon?

Huh, E-40, Mac Dre is who I grew up on

I'm just selling game got you if you need a coupon

You can check my resume, see every beat I threw up on

Smoking on grapes, rollin up swishers, no papes

Back of the Ghost, closed drapes

I'm a boss tycoon

Girls in the crowd all swoon

Super high, I'm off to the moon

And I vanished with your girl then I took her to my room

She wants me to slay ooh-kay, that means doom

Boom, and it's to be expected

Knew this would happen as soon as she texted

 

Bay Area Rapid Transit(アメリカ・オークランドの鉄道)からコンサートツアーのためのバスまで

未だに同じ戦いさ、もっと多くのやりまんを引っ張っていること以外は

尻、金(ドル)、セックスは決してやらない

俺のやり方でやった、ショートカットは決してしてない

馬鹿者みたいにあの街で育てられた、誰がお前をからかったんだ?

ああ、 E-40、マック・ドレーで育った

もしお前がクーポンを必要とするなら、俺はお前でも手に入れられるゲームをちょうど売ってるぜ

お前は俺の履歴書を拝見できるぜ、俺が世に送り出した全てのビートを見ろよ

ぶどう喫煙、葉巻を巻いて、紙なしで

幽霊の背中、ドレープを身にまとって

俺は超大物さ

観衆の女の子たちは全員気絶さ

超ハイで、俺は月に行くぜ

そして俺はお前の女の子と一緒に消えて、その後彼女を俺の部屋に連れこんだ

彼女に殺してくれ(犯す、多分セックス)って求められて、オーケー、それは破滅を意味するのさ

セックス、で、それは期待されていたとさ

彼女がLINEしてきた時点で、これ(セックス)はやるんだなって感づいてたさ

 

[Hook: Jay Ant]

They used to tell me I couldn't go too far alone

They used to always say I couldn't go too far alone

But now I'm here, bitch 

But now I'm here, bitch 

 

アイツ奴は俺に言ったさ、俺はあまりにも遠くに行くことはできないって

アイツ奴はいつも言ったさ、 俺はあまりにも遠くに行くことはできないって

でも今、俺はここにいるぜ、ビッチ

でも今、俺はここにいるぜ、ビッチ

 

 

 

 

 

歌詞和訳 A.B. Original – January 26

genius.com

 

 

こんにちは。いーネ!です。

今回の曲は、米ビルボードからではないのですが、

オーストラリアのHot 100チャートからの1曲です。

 

 

なぜオーストラリアかというと...?

実は、筆者はPeril Magazine(ペリル.マガジン)というオーストラリアのアジア人をピックアップした雑誌でボランティアをしています。

その雑誌内で、今回紹介する曲のレビューを行う予定なので、

まずは、「歌詞の和訳から始めよう!で、せっかくだから個人のブログにもアップしよう!」という経緯に至りました。

 

それでは歌詞を見ていきましょう!


A.B. Original - January 26 (Official Video)

 

 

 

[Hook: Dan Sultan & Briggs]

You can call it what you want

But it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Fuck that, homie

You can come and wave your flag

But it don't mean a thing to me

No, it just don't mean a thing

Fuck that, homie

You can call it what you want

But it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Fuck that, homie

You can come and wave your flag

But it don't mean a thing to me

No, it just don't mean a thing

Fuck that, homie

 

好きなように呼べばいいさ

でも、意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

くたばれ、お前ら

ここへ来て国旗を振ればいいさ

でも、俺にとって意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

くたばれ、お前ら

好きなように呼べばいいさ

でも、意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

くたばれ、お前ら

ここへ来て国旗を振ればいいさ

でも、俺にとって意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

くたばれ、お前ら

 

 

[Verse 1: Briggs]

They said, "Hey, Briggs, pick a date" (Okay)

"You know, one we can celebrate" (For sure) 

"Where we can come together (Yeah)

Talk about the weather, call that Australia Day" 

I said, "How about March 8th?" (That's a good one)

And we can do it on your Nan's grave (Got that bitch?)

We can piss up, piss on her face

Get lit up and burn out like Mark Skaife 

They screaming, "love it or leave it" (Love it!)

I got more reason to be here, if you could believe it

Won't salute a constitution or who's underneath it

Turn that flag to a noose, put a cease to your breathing

I can't get in my whip, I get a ticket for that

I get a DWB, and that's a 'Driving Whilst Black'

I turn the other cheek, I get a knife in my back

And I tell 'em it hurts, they say I overreact

So fuck that (Fuck that!)

 

アイツ奴は言うさ、「やあ、ブリッグス(イギリスの数学者)、日にちを選べよ」(オーケー)

「分かってるだろ、一緒にお祝いできるって」(もちろんさ)

「一緒に行けるところで」(ああ)

「天気の話して、その日を

オーストラリア・デイって呼んでさ」

俺は言うぜ、「38日はどうだい?」って。(そりゃいいね)

で俺らはお前のばあちゃんの墓で祝うさ (分かったか?)

Nan」は、イギリス英語特有の呼び方。祖母の意。

酒宴だ、ばあちゃんの顔に小便するぜ 

酔って、燃え尽きようぜ、マーク・スカアイフ(オーストラリアのレーシングドライバーみたいによ

アイツ奴叫んでるぜ、「愛するか、去れ」って(愛する!)

俺にはここにいるまっとうな理由があるぜ、もしお前がそれを信じられたらな

憲法やその下にいる奴にはあいさつなんてしねえ

あの国旗を鼻に向けて、終止符をお前の呼吸に打ってやる

むちで叩けねえ、そのためのチケットを手に入れたんだよ

俺はDWBを手に入れたぜ、で、それは「車の運転中、黒人というだけで、警官に呼び止められる」ってことさ

※Whilstはイギリス英語で、whileの意。

もう片方の頬を回して、ナイフを腰に差しこんであるぜ

で、俺は、アイツ奴に言うのさ、痛いぞって。アイツ奴は俺は過剰反応だって言うんだ

だからくたばれ (くたばれ!)

 

 

[Hook: Dan Sultan & Briggs (Trials)]

You can call it what you want

But it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

(Hey, Briggs!) Fuck that, homie

You can come and wave your flag

But it don't mean a thing to me

No, it just don't mean a thing

好きなように呼べばいいさ

でも、意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

(やあ、ブリッグス!)くたばれ、お前ら

ここへ来て国旗を振ればいいさ

でも、俺にとって意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

 

 

[Verse 2: Trials]

I said celebrate the heretic anytime outside Jan 26 (Anytime)

That's the date for them suckers doing that sucker shit (That's true!)

That's that land-taking, flag-waving attitude

Got this new Captain Cook dance to show you how to move (Move it!)

How you wanna raise a flag with a rifle

To make us want to celebrate anything but survival?

Nah, you watching tele for The Bachelor

But wouldn’t read a book about a fuckload of massacres? (What?!)

I remember all the blood and what carried us (I remember)

They remember twenty recipes for lamingtons (Yum)

Yeah, their ancestors got a boat ride

Both mine saw them coming until they both died

Fuck celebrating days made of misery (Fuck that)

While Aus still got the black history (That's true)

And that shirt will get you banned from the Parliament

If you ain't having a conversation, conversation well then we starting it

 

言っただろ、126日の他で異端者(イギリス系オージー)を祝おうって(いつでも)

ダメな奴らがクソみたいなことをしてる日だ(そりゃホントさ!)

あれがあの国土獲得、国旗を振ってる態度さ

新しいキャプテンクックの舞を身につけたぜ、お前らにどうやって(国旗を)振るのかを見せつけるために(振れ!)

キャプテンクック:イギリスの海洋探検家

どうやってライフルと一緒に国旗を掲げたいんだ?

俺たちを生存のほかなら何でも祝わせたくするためにか?

違うさ、お前らは学士のためのテレビ番組を観てるんだろ

でも、(アボリジニの)虐殺のありさまを書いた本は読まないんだろ? (何だと?!)

全ての血と俺たちの思いを全部覚えてるさ(覚えてるさ)

アイツ奴はラミントン(オーストラリア発祥のデザート)のレジピを20通り覚えてるぜ (うまそうだな)

ああ、アイツ奴の先祖はボートでやってきたぜ

アボリジニがアイツ奴が来るのを見たことと、俺たちとアイツ奴が死ぬまでの両方を

みじめさで出来た記念日なんてくたばれ (くたばれ)

オーストラリアには未だにその黒の歴史がある一方で

そしてあのシャツがお前らを議会から退かせるだろう

もしお前らが対話をしていないのなら、それなら俺らが始めるぜ

 

 

[Hook: Dan Sultan & Briggs]

You can call it what you want

But it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Fuck that, homie

You can come and wave your flag

But it don't mean a thing to me

No, it just don't mean a thing

 

好きなように呼べばいいさ

でも、意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

くたばれ、お前ら

ここへ来て国旗を振ればいいさ

でも、俺にとって意味なんてないのさ

いや、意味なんてないのさ

 

 

[Bridge: Dan Sultan & Trials]

No, it just don't mean a thing

Nah, it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Nah, it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Nah, it just don't mean a thing

No, it just don't mean a thing

Nah, it just don't mean a

Motherfucking thing 

No, it just don't mean a thing

 

いや、意味なんてないのさ

あきれたことだぜ

いや、意味なんてないのさ

 

 

[Outro: Briggs & Trials]

Wave it, wave it baby 

Wave it, wave it, eat the flag 

Wave it, wave it mama 

Wave that flaggy, wear the flag 

Wave it, wave it baby (What you gonna do?!) 

Wave it, wave it, wave it baby!

Wave it, wave it mama 

Wave that flaggy 

 

振れ、振れ ベイビー

振れ、振れ、国旗を食っちまおうぜ

振れ、振れ 母ちゃん

あの国旗を振れ、国旗を着ようぜ

振れ、振れ ベイビー(何するつもりだ?)

振れ、振れ、振れ ベイビー!

振れ、振れ 母ちゃん

あの国旗を振れ

 

 

 

 

日本一当たる!次に流行る洋楽速報

こんにちは。いーネ!です。

 

タイトルで、「日本一!」なんて豪語していますが...

はい、完全に根拠のない自信です(笑)

 

もともと私は、無名の洋楽アーティストを見つける、ということが好きです。

高校生の頃からずっと続いている趣味でもあります。

そこで、日本の誰かさんに先を越されて紹介される前に、私が紹介してしまおう!というのがコンセプトです(笑)

今後、和訳の記事とともに、シリーズ化していく予定です。

 

 

 

 

では早速、アーティストの紹介!と行きたいところですが、ちょっと待った!

ちょっとグチらせてください。

「日本のレコード会社よ!ウチの方がアンタらより先にアーティストに目をつけとるで!!センスがあるんや!」ということです。

(ごめんなさい、レコード会社関係者さま...仲良くやって行きましょう!)

 

ブログ等、記録に残る証拠はありませんが、発掘したアーティスト例をいくつか。

FMusicTVという、新しく公開されたミュージック・ビデオがズラーっと並んでいるサイト(現在は休止中)を主に使って、毎日アーティストを発掘していました。

「ビデオ公開日=アーティスト発掘日」、ということですね。

 

Fifth Harmony-Miss Movin' On (2013/7/15) 日本-2016/1月

Carly Rae Jepsen-Call Me Maybe (2012/3/1) 日本-2012/9月

Mako-Smoke Filled Room (2016/1/13) 日本-2017/1/8

Years & Years-Real (2014/2/4) 日本-2015/3/17

Sia-Chandelier (2014/5/6) 日本-2014/7/18

MACKLEMORE & RYAN LEWIS-Thrift Shop (2012/8/29) 日本-2013/1/29

Becky G-Play It Again (2013/5/6) 日本-?

Krewella-Alive (2012/12/18) 日本-2013/9/27

LORDE-Royals (2013/6/18) 日本-2013/10/16

The Vamps-Wild Heart (2013/12/3) 日本-2014/2/7

Rachel Platten-Fight Song (2015/5/19) 日本-2016/1/6

Kid Ink-Hell & Back (2012/8/12) 日本-2014/12/5

Ella Henderson-Ghost (2014/4/22) 日本-2014/10/24

Pia Mia-Mr. President (2014/5/19) 日本-2015/7/11

 

日本のレーベルと契約するのに、どれくらい時間がかかるのかはわかりませんが、

私の方が先を行ってる!!やっぱり私、レコード会社に対抗心があるみたい笑)

 

 

  

 

 

前置きはさておき、そろそろ皆さんきっと、「次に流行るのは誰?」と、知りたくてウズウズされていることでしょう。

では早速!今回は5人紹介します。

 

 

 

1. Faydee(フェイディー)

オーストラリアのシドニー出身、29歳のPop/Danceシンガー。
自身のルーツ(レバノン系)を生かした、絶妙なアラビアン・ビートが最高にクセになる!!

「ヘビロテ確定!アガる!!アラビアン・ダンス・ポップ」

 

ちなみに筆者は現在メルボルン在住で、先日フェイディーのライブに行ってきました。

ナイトクラブ等、今、最も来日してほしいと思うアーティストです。


FAYDEE - Nobody ft. Kat Deluna & Leftside | Official Video

キャット・デルーナと共演の最新曲!

soundcloud.com

 

 

 

 

2. Travis Garland (トラヴィス.ガーランド

アメリカのテキサス州出身の26歳、R&Bアーティスト。
100年に1度級の、ヤバい歌唱力と表現力がキラリと光る!
白人・アイドル出身であることから、Justin Timberlakeと比較される。

また、YouTubeには頻繁に人気曲のカバーをアップしている。


LET ME LOVE YOU - DJ Snake & Justin Bieber (Travis Garland Cover)

Justin Bieberのカバー。歌唱力が光る。

soundcloud.com

 

 

 

 

3. Devon Baldwin (デヴォン.ボールドヴィン)

アメリカ•サンフランシスコ出身のポップ歌手。

クリスタルボイスを持つ、美女シンガー!


Devon Baldwin "Hero" (Official Music Video)

楽曲はもちろん、彼女の美しさにも思わずうっとりする。

soundcloud.com

 

 

 

 

4. KR (WhoKR) (ケーアール)

ロサンゼルス出身のラッパー。

最新アルバムは、自宅のクローゼットの中でレコーディングしたというから、驚き!

インディーアーティスト、強し。


KR - Read Your Mind (Official Music Video)

R&B調でお洒落なサウンド。

soundcloud.com

 

 

 

 

5. Lost Kings (ロスト.キングス)

ロサンゼルスのDJデュオ。
2人が作り出すトロピカル•サウンドで、テンション上げ上げ!

また、今ノリに乗ってる、ザ.チェインスモーカーズと同じレーベル所属。


Lost Kings - You ft. Katelyn Tarver (Official Music Video)

明るくて、踊りたくなる一曲。

soundcloud.com

 

 

 

 

いかがでしたか?

ウォー、いいな!!」と思う曲はありましたか?

どのアーティストも、サウンドクラウドに楽曲を多数アップしているので、

気になった方はぜひ訪れてみてください。

 

また、ツイッターのフォローもお忘れなく!

 

 

 

次回の洋楽速報もお楽しみに!

 

〜「いーネ!」を見つけて、シェアしよう〜

 

 

 

 

はじめまして!(筆者/ブログ概要)

はじめまして。いーネ!です。

 

このブログでは、タイトル通り、洋楽に関する記事をアップしていきます。

ビルボードを土台に、ニュースの和訳、また、流行曲の和訳を行っていきます。

また、次に流行りそうな日本未上陸のアーティストも紹介していきます。

 

 

ところで、皆さんは普段、洋楽って聴きますか?

 

 

私は洋楽が大好きなのですが、周りの友人たちはもっぱら邦楽を聴いており、邦楽の話に置いてきぼりになることが多々あります...(笑)

英語の曲は歌詞の理解が難しいから、とっつきにくいのかなー、なんて思います。

 

私はたまたま高校生の時に洋楽と出会い、「曲のテンポがよくて好き」「英語ってかっこいいなー!」という理由から、どんどんハマっていきました。

当時、iPod Touchをもらい、それからYouTubeと出会い、流行りの洋楽を聴き始めました。

そして、次第に趣味は無名アーティストを聴き漁り始めることに変わっていきました。

 

 

最近では、朝の情報番組で洋楽アーティストが生ライブをしたりと、徐々に洋楽への関心が高まっているのかな?とは思いますが、オリコンチャートを見てみると、まだまだ邦楽が強いですよね...。

 

 

日本でもっと洋楽を流行らせたい。もっとたくさんのアーティストに来日してほしい。「あの曲、いいよねー」と、もっと洋楽の話題で盛り上がる人が増えてほしい。

そんな思いから、何か洋楽に関する情報を発信したいと思い、このブログを始めました。

 

「この曲、コンビニでよくかかってるけど、歌詞はどんな意味なんだろう?」というように、洋楽の大ファンではないけど、洋楽のことが「ちょっと気になる」

このブログがそんなきっかけになったら嬉しいです。