ニートのゆとり中退女が書く、いーネ!洋楽 和訳ブログ

ニートが書いている、洋楽和訳ブログ。「いい音」だけを厳選しました。

月間850万リスナー獲得の、今1番アツい米バンド!A R I Z O N A-Electric Touch

今日紹介するバンドはめっちゃオススメ。うん、超オススメ!

バンドはあんまし聴かへん私が速攻でほれ込んだ、エレクトロ・ポップ調なバンド、A R I Z O N A(アリゾナググる時には各アルファベットの間にスペース入れてな!)

(今日から関西弁始めました。)

 

A R I Z O N A: ボーカルのザック、ギターのネイト、キーボードのデイビッドの3人からなるアメリカのバンド。グランドキャニオンがあるアリゾナ州の出身かと思いきや、ちゃっかりニュージャージー州に拠点を置いてるっていう()(ニューヨークに近いから分からんでもないけど)。学生時代(バークリー音楽院、エマーソン大学)にボストンで結成された。

 

歌詞と、歌詞の次に載せてる「心温まるミュージックビデオができるまで」の経緯も、ぜひ読んでほしいなー!

 

 

Electric Touch エレクトリック・タッチ: 心通うタッチ(恋人間で、体を流れる電気がビビッと通いあう感じ) 

www.youtube.com

 

Pause all these words, pause all these words that we keep hearing with

Who said it first? Who said it first?

Let's not go down like this

Take your pain, take all of the emotions that you feel

Give 'em all to me 

もうやめよう、もうやめよう、俺たちが聞き続けている言葉(ネガティブなもの、別れ話)を繰り返すのは

どっちが先に言った?どっちが先に言った?

こんな風には落ちて行かないようにしよう(落ちていく=破局寸前)

君の痛みを取り去るよ、君が感じる全ての感情(心配事などの負の感情)を取り去るよ

全部俺にちょうだい

 

Oh, I-I-I, I wanna get lost in the night now 

Hold me in the dark turn the lights down

And give me your electric touch

Oh, I-I-I, I don't wanna think about the distance

I just wanna be in your existence

So give me your electric touch, oh

Give me your electric touch, oh

ああ、俺は君と一緒に今すぐ夜へ消え失せたい

俺を抱きしめてくれ、真っ暗闇の中、明かりを消して

そして君の肌の温もりを俺にちょうだい(Touch=肌に触れる=温かい=温もり)

ああ、俺は距離なんて考えたくないよ(心の距離(別れたいと思っている彼女。別れたくないと思っている俺。))

君の範囲内にいたいだけなんだ(まだ俺に好意があってほしい、気になる存在であってほしい)

だから君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

 

Oh, all the things, remember all the things we used to do 

Give in to me, give in to me and I'll give in to you

If you need it, or if you need to win, then I will lose

If It brings me back to you

ああ、全部、全部思い出すさ、前に君と一緒にやったことを

俺のものになってくれ、そしたら俺は君のものになるよ(直訳: 俺に降参してくれ、俺に降参してくれ、そしたら俺は君に降参するよ)

もしそうしてほしいなら(俺が君のものになる)、もしくは勝ちたい(俺に降参したくない)のなら、俺は君のものさ(俺が負けてあげる)  (直訳: もし君がそれを必要とするのなら、もしくは勝たなきゃいけないのなら、俺は負けるよ)

もしそうすることで俺が君の元に戻れるのなら

 

Oh, I-I-I, I wanna get lost in the night now

Hold me in the dark turn the lights down

And give me your electric touch

Oh, I-I-I, I don't wanna think about the distance I just wanna be in your existence

So give me your electric touch, oh

Give me your electric touch, oh

Give me your electric touch, oh

ああ、俺は君と一緒に今すぐ夜へ消え失せたい

俺を抱きしめてくれ、真っ暗闇の中、明かりを消して

そして君の肌の温もりを俺にちょうだい

ああ、俺は距離なんて考えたくないよ

君の範囲内にいたいだけなんだ

だから君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

 

Oh, oh, oh, oh, oh, oh

So give me your electric touch, oh

Oh, oh

Give me your electric touch, oh

Woah, oh, oh, oh, oh

Give me your electric touch, oh, oh

ああ、

だから君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

ああ、

君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

ああ、

君の肌の温もりを俺にちょうだい、ああ

 

 

心温まるミュージックビデオができるまで」の経緯、ニュースで話題になる

www.huffingtonpost.com

3人組エレクトロ・ポップバンドのA R I Z O N A(アリゾナ)は、待望のデビューアルバムGALLERY(ギャラリー)からの1stシングルであるElectric Touch(エレクトロ・タッチ)のミュージックビデオに、アメリカ・ミシガン州に実際に住んでいるカップルを起用しました。

 

きっかけは、ヘイリーさんという同バンドのファンの女性からメールを受け取ったことだったそう。彼女は同性愛者で、カーリーさんという恋人がいました。

 

 

実際のメール文は、ミュージックビデオ内に組み込まれています。

以下、その内容です。

On our first tour of 2017, we received this letter.

初めての全米ツアー(2017年のはじめ)の時に、手紙(実際にはメール)を受け取ったんだ。

 

Hello, my name is Hailee.

My girlfriend and I have been together almost four years.

We had some on and off moments.

Your music brought us back together when we thought we were over.

Coming out was just part of the struggle.

We had to learn what a serious relationship was about.

We are strong now. 

And I love her endlessly. 

こんにちは、私の名前はヘイリーです。

ガールフレンドと共に過ごして大体4年になります。

私たちはくっついたり、離れたりしていました。

あなたたちの音楽は、私たちはもう終わりかと思っていた時に、再びやり直すきっかけになりました。

カミングアウトは単なる苦悩のうちにすぎなかったんです。

何が真剣なお付き合いなのかを学ぶ必要があったんです。

今は強くなりました。(より絆が深まりました)

そして彼女のことが限りなく大好きなんです。

 

We’ve been back together for a while now. 

I surprised her with tickets to your show in Seattle. 

Is there any way you could dedicate a song to her? 

現在は復縁してからしばらく経ちます。

シアトルでのあなたたちのショーのチケットを買って、彼女にサプライズしました。

(そのライブにて)どうか彼女に向けて一曲捧げていただけませんか?

 

 

Thank you for your time and your music.

Hailee

お時間と音楽をありがとう。

ヘイリー

 

アリゾナからの返事

Dear Hailee, 

We have a better idea. 

We dedicate this video to both of you. 

Love, ARIZONA

ヘイリーさんへ

僕たちにはいいアイデアがあります。

このビデオをあなたたち二人に捧げます。

愛を込めて、アリゾナより

 

 

メールには「ライブで彼女のために一曲捧げてほしい」と綴られていたものの、バンドはこの同性愛者のカップルをミュージックビデオに起用することに決定。楽しそうに海岸を歩く2人の姿が印象的なビデオとなりました。

 

「このビデオに同性愛者を起用することは、ターゲットを彼らだけに絞っているということではないんだ。このビデオをシンプルなラブ・ストーリーとして見てほしい。世の中には同性愛者に対する偏見があるけれど、同性愛者とかストレートとか関係なしに、ただ単に人々は愛しあうってことを表現したかったんだ。」

 

ヘイリーさんは、ビデオのリリースに際して、「とてつもないくらい大きな愛」を感じたのだそう。Electric Touchは、カップルにとって信じられない機会(復縁を祝うもの)となったのだ。さらに、「メールの返事をもらうだけでも長い時間かかるだろうって分かってたけど、でも、バンドは彼女へのサプライズをもう一歩先へと進めてくれたの。」と付け加えた。

 

最後にバンドはこう述べた。僕たちの音楽が誰かの考え方、また、何かを乗り越えるために何か手助けができるのなら、それはバンドとしての最大のゴールだと思う。どんなに小さなことでもね。」

 

 

米3人組エレクトロ・ポップバンドのA R I Z O N A(アリゾナ)の5月19日リリースのデビューアルバムGALLERY(ギャラリー)の視聴はこちらから!

open.spotify.com

〜「いーネ!」を見つけて、シェアしよう〜

twitter.com