読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーネ!洋楽 和訳ブログ

洋楽和訳ブログ。タワレコよりも「センスのいい」選曲を心がけます!「いい音」だけを厳選しました。

プリンスの新EP、リリース中止!未発表音源はどうなっちゃうの?

歌手プリンスの新EPがリリースされる?

いや、待った!なんだか事情があるよう...

www.mprnews.org

Prince estate and Paisley Park sue engineer over planned music release | Local Current Blog | The Current from Minnesota Public Radio

 

裁判が起こってしまった!

  • 歌手プリンスとカリフォルニアに住むサウンドエンジニアMr. Boxillとの間で、財産権と未発表音源をめぐる裁判が起こっている。
  • 両サイドは、楽曲とそれをどうするかに関しての対話を8ヶ月前から行っているが、お金に関してずっともめている

 

そもそもBoxillって誰?

プリンスの未発表音源の提供主

「Boxillは単なるサウンドエンジニアではないんだ。彼は(プリンスの)共同製作者なんだ。ギターのトーンやベース、ドラムのトーンそれに作曲、レコーディング、バックのボーカルの構成まで行っていたんだ。」

 

プリンス側の言い分

一度はEPのリリースに同意したものの(だから新曲Deliveranceが出たり、残りの曲のリストも公開されてるんだよなぁ…)、ここへ来て主張が一変

「このEPはプリンスが後世に残した潜在的な作品の宝庫の一部です。しかし彼の生涯の間には決して公(ファン)のためには作られなかった。」

つまり、未発表楽曲=プリンスがリリースを拒んだもの。だからリリースする必要はない、というワケ。

 

じゃあ、新EPのリリースはどうなっちゃうの?

  • 今のところリリース中止
  • リリース元のレコード会社が約束通りに残りの楽曲をリリースするかどうかは不明。(だって、プリンス側が訴訟を要求する未発表音源は、あわせて7万5000ドル(815万円)以上。お金が絡むとそりゃビビるわ)

 

「この裁判は、楽曲のためではなく、プリンスのプライバシーを守るためのものみたいだ」

 

裁判官は公聴会を延期。泥沼化している裁判は、一体いつ終わるのだろうか。そして、ハッピーエンドでEPが聴ける日はやってくるのだろうか?

 

 

〜「いーネ!を見つけてシェアしよう〜

shiori.inerecords@gmail.com

twitter.com